« REVSPEED 4月号に新型アテンザ 6MTの袖ケ浦サーキット試乗記が掲載された! | トップページ | 2013年、原点回帰3年目の活動の詳細 ディーテクニック物語16 »

2013年3月17日 (日)

新型アテンザ XD を試乗前に研究 

Img_4571

話題の新型アテンザ ディーゼルターボ XD と20Sに試乗しました。

試乗前にまずはエクステリア、インテリアなどをチェック。

Img_4500

4ドアクーペといいたくなるほど格好いいセダン。国産車では久しぶりに力の入ったセダンで期待が高まります。

Img_4531

ヘッドライト点灯するとこんな感じ。
グリルから続くシグネチャーウイングがライトの上部に入っています。LEDがをプロジェクター周辺にも配置して凝った作りになっています。

Img_4537

テールランプダークレッドで処理が新鮮です。 ウインカーはブレーキランプの下部で鋭い形状

Img_4532 Img_4508_2 

タイヤは19インチの225/45R19。かなり大きめのサイズ。

Img_4511

エンジンはSKYACTIV-D ディーゼルエンジンSH-VPTR型
水冷直列4気筒DOHC16VALVE直噴ターボ 2188cc 

ボア×ストローク86.0mm×94.2mm、ポイントは圧縮比14.0とディーゼルとしては異例に低いことにある!
ピストン、コンロッドなどの軽量化が実現でき、最高出力175PS/4500rpm、最大トルク42.8kg-m/2000rpm、燃費はJC08モードで20.0km/ℓ(6MTは22.4km/ℓ)とビックトルクと低燃費の両立を実現し、ガソリンエンジンかと思うほど軽快に5500rpmのレブリミットまで軽快に吹け上がる。さらにこの低圧縮によって排気ガスの高価な後処理を行うことなくポスト新長期排ガス規制をクリアし、エンジン本体もこれまでのディーゼルより軽量となっている。

Img_4548

インパネは高めの設定で囲まれている感じ。シンプルなデザインなので飽きないでよさそう。ステアリングは一番革が使われていて手触りがとても良い。
何よりアテンザで気持ちよいのがドライビングポジション。着座位置から自然と伸ばした位置にステアリング、ペダル類が配置されている。

Img_4538

Img_4542Lパッケージを選択すると本革シート&シートヒーターが着く。オフホワイトレザーは高級感がある。しかし、残念なことに6MTを選択するとオプションでもこのLパッケージが選択できない!!これはマニュアルファンとしては、早急に追加を望みたいところだ。

Img_4540

ドアパネルの本革部。ドアグリップ部もレザーとなっていて質感が高い。

Img_4541

ドアインナーハンドル部のデザイン、シルバーの質感の出し方が高級感あっていいですね!しっかりデザインされています。

Img_4543

メーターは3連デザインでセンターがスピードメーター。

Img_4555

ワイパーはエアロ形状のタイプです。

Img_4560

トランクは巨大!483ℓ

Img_4564トランクスルーするとこんなに!
と素晴らしいアテンザなのだが、
このトランクスルーはトランク内でロック解除して車内に戻り、シートを倒して、またトランクに戻らなくてはならない。上部の鉄板剥き出しもカバーして欲しいかな。

さて、試乗にでかけてみましょう!

 

今回試乗ご協力いただいたのは

関東マツダ港北ニュータウン店
〒224-0037 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎南 2-1-9
TEL: 045-942-5539

自動車研究家 出来利弘

« REVSPEED 4月号に新型アテンザ 6MTの袖ケ浦サーキット試乗記が掲載された! | トップページ | 2013年、原点回帰3年目の活動の詳細 ディーテクニック物語16 »

試乗記、研究レポート」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ