« MX-5(ロードスター)スーパー20進化版2011がSEMAショーに出展された | トップページ | REVSPEED1月号 ベンツ190E 2.5-16 、80スープラが登場! »

2011年11月 1日 (火)

MX5 miata SPYDER (MX5ロードスター・スパイダー)2011年、SEMAショーに現る

0a05558b7c1 MX5 SPYDER(MX5スパイダー)が2011年11月1日から米国ラスベガスで開催されたSEMAショーに出展され、大きな話題となっている。

ロードスターの原点回帰をイメージして製作されたスパイダー。
ストラトスフィアホワイトの鮮やかなボディカラーのこのマシンは、徹底した軽量化とスタイリング性能の向上を目指したスパイダースタイル。
さらにバイオ燃料を採用するなど、高度な環境性能までも手にした未来のロードスターへの意欲的な提案だ。

MZ RACINGでも多数の写真を掲載しています。

C4c1fdfe561

簡易幌には質感の高いグレナディンレッドのクロス幌を採用。

Mzrr1 ALMS(アメリカンルマンシリーズ)で2011年シリーズチャンピオンとなったダイソンレーシングのMAZDA MZR-R のレーシングテクノロジーを早くもフィードバックされた。なんとこのMX-5スパイダーに搭載されるMZR2.0リッター直列4気筒DOHCエンジンはBP社のイソブタノール(イソブチルアルコール)燃料を採用し、専用チューン、これまでのガソリンエンジンと同様のパワーを引き出し、新時代の環境性能を得ることに成功している。

075317e41a1

さらにレース用超軽量リチウムイオンバッテリーを搭載し、オーバーハングを大幅な軽量化に成功している。

北米マツダ・デザインディレクターであるデレック・ジュンキンスによるデザイン。低く構えたスタイリング、伸びやかで引き締まった精悍なフロントバンパーが採用されている。

2cabb8cf261Aピラー、ドラミラーはブラックアウトされ、サイドステップ上面のストライプによって、薄くシャープなスタイリングとなっている。

03mazdamx5miataspyder

リヤバンパー下部もブラックに塗り分けられ、薄く見せている。
マツダスピード製サスペンションキット、ブレンボ製ブレーキキャリパーキットが採用されている。
06mazdamx5miataspyderフロントフェンダーにはSPYDER のエンブレムが光る。
C2ed79a4221マフラーはレーシングビート製。
ホイール&タイヤはヨコハマゴム製サイズは225/45-17へと変更されている。

04mazdamx5miataspyderフロントマスクはマツダマークを取り外し、左側にmazdaステッカーエンブレムとなっている。
冷却口が中央上部へと移動し、下部はなくなる。左右のダクトはブレーキへの冷却口。LEDライトも見える。

F82a04e8901

インテリアは左右非対称デザインのシートが採用され、ドアトリムも変更されている。センターコンソールのカバーもステッチ入りの生地が張られている。

07mazdamx5miataspyder

またダッシュボードパネルはボディカラーと同色に塗装され、MX5 SPYDER のロゴが入る。

05mazdamx5miataspyder

簡易幌はトランク内に引っ張って固定されている。




0bf4e5fd641

日本のモーターショーでも是非、見てみたいコンセプトカーだ。

自動車研究家 出来利弘

« MX-5(ロードスター)スーパー20進化版2011がSEMAショーに出展された | トップページ | REVSPEED1月号 ベンツ190E 2.5-16 、80スープラが登場! »

NC マツダロードスター」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ