« 10月16日(日)パーティレースⅡ筑波 第3戦。NC2シリーズクラス・レポート | トップページ | 10月16日(日)パーティレースⅡ筑波 第3戦NC1クラブマン・NC2クラブマン・NBシリーズ レポート »

2011年10月16日 (日)

10月16日(日)パーティレースⅡ筑波 第3戦。NC1シリーズクラス・レポート

Nc1212

2011年10月16日(日)パーティレースⅡ 第3戦 in 筑波サーキットで、NC1シリーズ、ポールtoウインで優勝の『TCR JAPAN ロードスター』加藤彰彬選手。レースは筑波サーキットコース2000を12周のスプリントで行われた。

NC2シリーズは小林大作選手、NC2クラブマンは、木村篤選手、NC1クラブマンは小松寛子選手、NBシリーズは芦田隆広選手がそれぞれのクラスで優勝を飾った。MZ RACING レースレポートにも掲載されましたのでこちらも是非、ご覧ください。写真の提供はパーティレースⅡ事務局

Img_0126

NC1シリーズクラスは加藤vs北島の2台が1分9秒台を記録。3位の辻選手から15位の佐久間選手まで、1分10秒台ということになり、1秒の中に13台が入るという、実力伯仲。激戦の予選となった。

Img_0125

予選、NC1シリーズクラスで1分09秒307というタイムでポールポジションを獲得したのは、12号車『TCR JAPAN ロードスター』 加藤彰彬選手。
Img_01242位は21号車、『RE:BONE-R ロードスター』北島大祐選手が同じく9秒台のラップタイムで続いた。

Img_0117

3位は74号車、『ZAPロードスター』辻かずんど選手、

Img_0123

4位は36号車、『あさカラ★ロードスター』入江一介選手、

Img_0118

5位は159号車、『まさともTCCロードスター』石川琢也選手、

Img_0119

6位は100号車、『こだわりロードスター』大谷内隆輔選手
となった。


Nc1
決勝スタート。順調に飛び出した12号車、加藤彰彬選手を21号車、北島大祐選手、74号車、辻かずんど選手が追う。

スタート直後、74号車、辻選手が21号車、北島選手をパス。2位に浮上し、12号車、加藤選手に続く。

これで3位に21号車、北島選手、4位に36号車、入江一介選手、5位には開幕戦クラブマンで優勝し、ステップアップした13号車の一野武史選手が浮上、6位には159号車、石川琢也選手と続く。
Nc1212レースはそのまま進むが、12号車、加藤選手は74号車、辻選手とのリードを広げられない。中団では、予選8位から追い上げてきた44号車、『奥多摩Rよんよんロードスター』坂本友信選手が159号車、石川選手を交して、6位にまでポジションアップ。

そして12周のチェッカー。

Img_0139

Img_0141_2

優勝は12号車、『TCR JAPANロードスター』加藤彰彬選手。これで3連勝。

Nc1274

2位は74号車、『ZAPロードスター』辻かずんど選手、

321

3位は21号車、『RE:BONE-R ロードスター』北島大祐選手、

4位は36号車、『あさカラ★ロードスター』入江一介選手、
5位は13号車『CB365 マジカルロードスター』一野武史選手、
6位は44号車、『奥多摩Rよんよんロードスター』坂本友信選手
と続いた。

Img_0144

Photo_2

いよいよ次回は最終戦、11月13日(日)に開催される。楽しみだ。



自動車研究家/ドライビングアドバイザー

出来利弘

« 10月16日(日)パーティレースⅡ筑波 第3戦。NC2シリーズクラス・レポート | トップページ | 10月16日(日)パーティレースⅡ筑波 第3戦NC1クラブマン・NC2クラブマン・NBシリーズ レポート »

レース / モータースポーツ 」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ