« 7月24日ロードスター歴代限定車MTG in マツダ横浜研究所 | トップページ | シゴキ2011のタイムスケジュール »

2011年7月26日 (火)

REVSPEED 9月号にトヨタ 70スープラ 2.5GTツインターボR登場!

Rev9

レブスピード 9月号 No.249は
7月26日発売。
80's-90's グラフィック
第5回は(JZA70) TOYOTA
SUPRA
 2.5GT TWIN turbo R
当時トヨタスポーツのプライドをかけて作った70スープラの完成形。
岡本幸一郎氏による世界の最新スポーツカーを知るOVERDRIVENISSAN GT-R(R35)を詳細に解説。
REVSPEED 9月号
2011年7月26日発売
発行所:株式会社三栄書房
発行人:西ヶ谷周二
編集人:塚本剛哲

関連情報URL: http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=4633

関連情報URL2:http://minkara.carview.co.jp/userid/709801/blog/

Img_8421

80年代、スポーツカー好きの憧れだった2台目セリカXX(セリカ6気筒モデル)。リトラクタブルヘッドライトに憧れた。そんなセリカXXの輸出名が『スープラ』だった。3代目セリカXX登場か!となったとき、名前は輸出名と同じく日本でもスープラ。しかし、そのスタイルは紛れもなくセリカXXの後継だった。しかし、更にスタイリング、性能を突き詰めていた。4輪ダブルウィッシュボーンを採用し、シャシー性能を飛躍的に向上させただけでなく、ボンネットも低くなった。ワイドボディも与えられ、セリカXXでのコンプレックスであった、ストラット&セミトレ、高いボンネットにナローボディではなくなったのだ。
このREVSPEEDでは美しい写真と当時のエピソードを交えた文章が掲載されているので、是非、見てみてください。

Img_8956_2

一方、巻頭特集では最新のNISSAN GT-R(R35)をモータージャーナリスト岡本幸一郎さんが詳細に解説してくれている。2007年の発売時からすでに4年が経過しようというGT-Rの進化が解る。

R35GT-Rもまたそのスタイリング、テールランプなどから、『スカイラインGT-R』の血統を受け継ぐことは明らかだ。R32、33、34と続いた第二世代GT-R。無敵ともいえるそのエンジン、シャシー性能は誰もが憧れた。しかし、時代はより高い空力性能、シャシーバランスを要求していた。R35GT-Rは300km/hを想定した空力性能を手に入れ、ワイドボディ化、トランスアクスルの採用(ミッションを後方に搭載)し、V6エンジン(直6より短い)を手に入れることで優れた重量配分と運動性能を手に入れた。より高い性能を目指して進化した、80年代の名車と00年代の名車が20年の時を越え、競演している。その他、タイヤに関するドラテク講座やタイヤ選びのポイントになるページ。車種別特集はダイハツ エッセ、BMW MINI など。今月も充実して読み応えアリ。

自動車研究家 出来利弘

« 7月24日ロードスター歴代限定車MTG in マツダ横浜研究所 | トップページ | シゴキ2011のタイムスケジュール »

80's-90's 活動」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505057/52342841

この記事へのトラックバック一覧です: REVSPEED 9月号にトヨタ 70スープラ 2.5GTツインターボR登場!:

« 7月24日ロードスター歴代限定車MTG in マツダ横浜研究所 | トップページ | シゴキ2011のタイムスケジュール »

カテゴリー

無料ブログはココログ