« 7月3日(日)パーティレースⅡ筑波開幕戦。NC2シリーズレポート | トップページ | 7月3日(日)パーティレースⅡ筑波開幕戦。NC1クラブマンクラス・レポート »

2011年7月 3日 (日)

7月3日(日)パーティレースⅡ筑波開幕戦。NC2クラブマンレポート

Nc2

2011年7月3日(日)パーティレースⅡ開幕戦 in 筑波サーキットで、NC2クラブマン、ポールtoウインで初優勝の『クロハチ☆ロードスター』登坂 紀選手。

レースは筑波サーキットコース2000を15周のスプリントで行われた。

NC2シリーズは利光弘文選手、NC1シリーズは加藤彰彬選手、NC1クラブマンは一野武史選手、NBシリーズは芦田隆広選手がそれぞれのクラスで優勝を飾った。MZ RACING レースレポートにも掲載されましたので、こちらも是非、ご覧ください。写真の提供はB-Sports

Img_7994 NC2クラブマン開幕戦はこれがJAF戦デビューという71号車、『クロハチ☆ロードスター』登坂 紀選手が1分11秒092というタイムを終盤にだし、ポールポジションを獲得した。同じく、NC2シリーズポールの利光選手と予選後に談笑。「ちょうどクリアがとれました。」と話してくれていたがImg_8031、その表情からは決勝への自信が感じられた。

スターティンググリット。スタート前はクラブマンレーサーにとっては緊張の時間だ。
2位には99号車、『ロードスターも家計も火の車』津野田 修一朗選手、
3位には73号車、『廃車はもういや!ロードスター』鈴木厚正選手、
4位、39号車、『絶対壊さないぞ!ロードスター』木村 篤選手と今の気持ちをエントリー名に入れた選手が続く。

そしてスタート!
71号車、登坂選手はトップをキープ。

Nc1c_2_73

スタートで2位にポジションを上げたのは73号車、鈴木選手。99号車、津野田選手は3位となった。その後、鈴木選手と津野田選手は激しく争うが、津野田選手が後退。

Nc1c_3_99

39号車、木村選手が3位に浮上、しかしレース終盤抜き返し、再び99号車、津野田選手が3位となった。そのまま15周のレースは終了。

Img_8057優勝は71号車、『クロハチ☆ロードスター』登坂 紀選手、
2位、73号車、『廃車はもういや!ロードスター』鈴木厚正選手、
3位、99号車、『ロードスターも家計も火の車』津野田 修一朗選手となった。

レース後、登坂選手は、
「自動車雑誌ENGINE誌を読みながら、「いいなあ。パーティレース楽しそうだなあ。」と憧れたのが最初でした。その後、RoadsterBros.など見るたびに出たくなり、RX-8から乗り換えて参戦にいたりました。
レースでは、最初のきっかけとなったENGINE誌の参戦記を書いていた34号車、村上政選手とコース上でバトルになって、後ろから見ているだけで、なんか凄く感激しました。」
と語ってくれた。今後も登坂選手のNC2シリーズでの活躍から目が離せない。

自動車研究家/ドライビングアドバイザー

出来利弘
Img_8062

Img_8184

« 7月3日(日)パーティレースⅡ筑波開幕戦。NC2シリーズレポート | トップページ | 7月3日(日)パーティレースⅡ筑波開幕戦。NC1クラブマンクラス・レポート »

レース / モータースポーツ 」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505057/52333418

この記事へのトラックバック一覧です: 7月3日(日)パーティレースⅡ筑波開幕戦。NC2クラブマンレポート:

« 7月3日(日)パーティレースⅡ筑波開幕戦。NC2シリーズレポート | トップページ | 7月3日(日)パーティレースⅡ筑波開幕戦。NC1クラブマンクラス・レポート »

カテゴリー

無料ブログはココログ