« 「マツダ 787B」がルマン優勝から20年ぶりにサルト・サーキットを走行 | トップページ | 第3回 門司港ネオクラシックカーフェスティバル 2011 »

2011年5月26日 (木)

REVSPEED 7月号はNCロードスター大特集!

Cover1_2

レブスピード 7月号 No.247 は
5月26日発売。
巻頭は、岡本幸一郎のポルシェ911GT3(997) & シボレーコルベットZR-1の詳細解説。

NCロードスター特集 』は
8つのショップデモカーが17ページに渡って、大特集されている。

16インチと17インチの比較やデモカーの和田久大井貴之の全車インプレッションも注目だ。

REVSPEED 7月号
2011年5月26日発売
発行所:株式会社三栄書房
発行人:西ヶ谷周二
編集人:塚本剛哲

関連情報URL:http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=4631

関連情報URL2:http://minkara.carview.co.jp/userid/709801/profile/

Img_7043_2

巻頭特集では『OVERREV 世界のスポーツカーを知る』として、ポルシェ911GT3 と シボレーコルベットZR-1 の最新スポーツカーテクノロジー解説をモータージャーナリストの岡本幸一郎さんが丁寧に行っている。

全国サーキット 難コーナー徹底攻略 では、青木孝行谷口信輝片岡龍也山田英二の各選手が、サーキットタイムアップに役立つ攻略法を紹介している。

Img_7044

ROADSTERで走ろう!』ということでNCECロードスターを大特集。

実走検証 No.1は、RSファクトリーステージNC1 を使用しての16インチor17インチ比較が面白い!
コストパフォーマンスに優れた205/50-16にするか、グリップ性能とスタイリング重視で215/40-17にするかは、NCオーナーの悩みどころ。この比較はありがたい。本庄サーキットでラップタイムも比較。

実走検証 No.2は、Do. Engineering NC1 の Doable ECU Reflashing コンピュータの書換えでロードスターの走りはどう変わる!? 
今回ノーマルデータとDoableデータで本庄サーキットを走行して、ラップタイムを比較。大井さんのインプレも気になる。
さらにこのデモカーは富士チャンピオンレース仕様。装着されている公認パーツの詳細が紹介されている。富士NCロードスターレースを考えている人は必見だ。

自動車研究家 出来利弘 

« 「マツダ 787B」がルマン優勝から20年ぶりにサルト・サーキットを走行 | トップページ | 第3回 門司港ネオクラシックカーフェスティバル 2011 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505057/51822927

この記事へのトラックバック一覧です: REVSPEED 7月号はNCロードスター大特集!:

« 「マツダ 787B」がルマン優勝から20年ぶりにサルト・サーキットを走行 | トップページ | 第3回 門司港ネオクラシックカーフェスティバル 2011 »

カテゴリー

無料ブログはココログ