« 80's-90's を研究しよう! | トップページ | 90年代の日本車、ジャパニーズ ヒストリクス! »

2011年3月 1日 (火)

関東自動車大学校で講演会が行われました

Img_5014 2月19日(土)、埼玉県鴻巣市にある関東工業自動車大学校にて行われた『RX-7&RX-8&ロードスターミーティング』で講演会、勉強会が行われ、参加してきました。


関連情報URL: http://www.nga.co.jp/kanto-koudai/index.html


※写真はFC3S乗りのNight Jack さんからもらいました。ありがとう。

Photo
今回、この学校は親友のD1 GRAND PRIX ドライバー、ドリフト侍(写真左)からの紹介が発端で、参加することとなりました。

講演会には吉村平次郎さん、山本修弘さん、そして午後から私、出来利弘がお話させていただきました。
吉村平次郎さんは元ホンダ技研研究所上席研究員。元ホンダレーシング総監督でもいらして、文字通り世界一のバイクを作られていてホンダRC211V やNSRに深く関わっていらっしゃいました。モノ創りについて、興味深いお話をたくさん聞くことが出来て、学生たちは聞き入っていました。

山本修弘さんはマツダ株式会社で現在、ロードスター開発主査をされていることで有名ですが、ロータリーエンジンの開発がしたくて入社されたことやル・マン優勝マシン開発のエピソード、ロータリーやマツダのスポーツカーの歴史について語ってくださいました。
もう学生たちは涙を浮かべ、真剣に聞き入っている人もいました。

午後は私の時間でしたが、アメリカのレースに行ったこと、ロードスターのこと、モータースポーツを是非、始めてみましょう!といった内容をお話させてもらいました。

その後もGワークス編集部、壇崎さんによるロータリーマニアック解説。そして、ドリフト侍さんが、ロータリーエンジンをバラしての説明など興味深い内容でした。

O06400480110606361091

クルマ大好き!な若者たちのエネルギーは凄いものでした。女性の学生さんもロータリーの話に聞き入っていたのが印象的でした。女子力の時代ですね。

P82

最後に今回お世話になった関東工業自動車大学校(関東工大)のパンフレットを開いてみよう。
「生きる力」を身につける と書いてあります。

1.自分も、他人も大切にできる心。
2.資格は、目的ではなく生きる手段。
3.将来は、自分の好きな道へ進む。

とある。

若いみなさんには、何か、自分の好きなことに夢中になって、楽しく生きて欲しいなあと思います。それがクルマであれば、是非、クルマと関わりながら、楽しい人生を送れるといいですね。

行木教頭はじめ、関東工大関係者のみなさん、講演者のみなさん、参加者のみなさん、お疲れ様でした。ありがとうございました!
また、第2回も予定しているとのことですから、また是非、みんなで集まりましょう!



自動車研究家 出来利弘

« 80's-90's を研究しよう! | トップページ | 90年代の日本車、ジャパニーズ ヒストリクス! »

イベントレポート」カテゴリの記事

若きクルマ大好きファンたちへ」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ