« RX-8用 KONI 製スポーツダンパー D-TECHNIQUE | トップページ | RX-8 マフラー レーシングビート製エキゾーストシステム »

2010年8月 7日 (土)

FIAT500 KONI & Panda KONI 試乗会

P1000027

KONI(コニ)SPORTダンパー装着車2台のアンコール体感試乗会を開催しました

フィアット500 KONIダンパー+RSR製ローダウンスプリング装着車(写真)とフィアットパンダ100HP  KONIダンパー+100HP純正スプリング装着車。

KONIダンパーの乗り心地
Panda_koni1KONIはシャープで軽快なハンドリングとしなやかな乗り心地が特徴。走りの性能の良さはもちろん、この乗り心地のファンは多い。特にFIAT500、FIAT Pandaとのマッチングが素晴らしい。ダンパー(ショック)を交換するというとどうしてもサーキット仕様といったイメージがつきがちですが、このKONIは街乗りのみの使用で、「1クラス上の乗り味にしたい」「段差を超えた時の収まりが素早くしなやかになってほしい」「ビシッとした直進性が欲しい」と言ったオーナーの方々にも最適なダンパーなのです。

P1000057KONIダンパーの詳細
ローダウンスプリングも許容する充分なストロークも確保していますが、純正スプリングとのマッチングも良く、どちらにも対応できます。減衰力は伸び側を0~200%アップまで無段階で調整が可能です。0にするとダンパーの動きがスムーズな分、純正よりも乗り心地が良いような状況になります。実際に使用するのは0~50%アップくらいまでが一般的で、走行距離が伸びて少しヘタリが出てきたら、この減衰力を少し締め上げることで、初期の性能に近い状態が維持できるというものです。KONIダンパーは耐久性も高く、長く使えるダンパーなのです。縮み側の減衰力は固定式です。これはKONI社がベストな設定はひとつと強いこだわりを持っているためだと言われています。

フィアット500は1200ccラウンジSS デュアロジック(2ペダル5MT)モデル
フィアットパンダ100HPは1400cc 6MTモデル

 

« RX-8用 KONI 製スポーツダンパー D-TECHNIQUE | トップページ | RX-8 マフラー レーシングビート製エキゾーストシステム »

ABARTH & FIAT(アバルト&フィアット)」カテゴリの記事

イベントレポート」カテゴリの記事

パーツ・メカニズム知識」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ