« マキシムワークス製エキマニ NCロードスター用 | トップページ | Microlon エアコン用 »

2010年7月 7日 (水)

M2-1001 -000 スピードイエローのスペック

P1000049_2M2 1001 -000 スピードイエローのスペック。ディーテクニックの初期のデモカーでもあったこのクルマには出来利弘の究極のM2スペシャルへの考え方が詰まっています。

後日、写真も追加したいと思います。
サーキット仕様でありながら、ストリートも走れるギリギリにセッティングされたこのクルマは最高にエキサイティング!しかし、そのスパルタンさで、かなり乗り手を選ぶ仕様となっています。

<エンジン>
・B6エンジンをベースに1720ccにボアアップされ、TD-1001Rと同じく、ピストン、コンロッド、クランクの全てがバランス取りされ、燃焼室の容積合わせ、ポート研磨も行われています。カムシャフトはM2純正の256のままで扱いやすさを残し、ラッシュアジャスターはロックし、クリアランスを最適に調整してあります。フライホイールはクロモリ製、軽量4.6kg、メタルクラッチと組み合わされています。このエンジン、クラッチはは製作後、まだ800kmしか走行していません。エンジン本体はエアコンが取り外され、搭載位置を20mm下げるエンジンマウント加工を施してあり、ノーズの旋回性能はロードスターのそれとはまるで異なるものとなっています。エンジンマウントは強化品。吸気はK&Nフィルターラムチャージャー、排気系はマキシムワークスエキゾーストマニホールド、ディーテクニック・チタンマフラー(絶版品)が装着されている。16インチのタイヤでないと吸収できないほどのトルクと突き抜けるDOHCサウンドがたまらない!

<シャシー>
ディーテクニック設立初期に生産されたディーテクニック車高調整サスキット(絶版品)が装着されています。しなやかな乗り味でありながら、サーキットの性能も抜群だった今は手に入れることの出来ない2000年製です。サスペンションアームはNB用にリフレッシュされ、マツダスピード製のサスアームブッシュに交換され、もちろんベストなアライメントセッティングとなっています。LSDはマツダスピード製機械式2ウェイ。ホイールはRAYS製軽量鍛造CE28Nチタニュームシルバー。サイズは7J-16 タイヤは205/45-16となっています。

<エクステリア>
純正の約半分の重量CLUB M2バンパー(絶版)とCLUB M2リヤスポイラー(絶版)が装着されています。トランクはカーボントランク。またM2 1028純正の軽量ハードトップを加工して取り付け。砲弾型アルミミラーはボディ同色に塗装されています。ポルシェスピードイエローへのオールペイントは1998年、2004年の2度に渡って行われ、まだ美しさを保っています。その際、フェンダーの爪折り加工を施し、ワイドトレッドタイヤを装着可能としているほか、ボディ下部のピッチング塗装を廃止し、他のボディ面と同様の塗装としています。リヤバンパーのサイドマーカーはスムージングされ、ランプ類は全て新品に交換リフレッシュ、フロントウインドも新品に交換されました。その他モール類、ショートパーツ交換も行っています。

<インテリア>
M2オリジナルを基本的に守っています。MOMO製プロトティーポ・ステアリングが装着されています。シートは現在純正品。ロールバーも純正品です。

« マキシムワークス製エキマニ NCロードスター用 | トップページ | Microlon エアコン用 »

80's-90's 活動」カテゴリの記事

NA ユーノスロードスター」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ