« パーティレースⅡ第2戦 クラブマンクラス・レポート 2010 | トップページ | パーティレースⅡ 第2戦 NC1シリーズクラスレポート »

2010年7月26日 (月)

パーティレースⅡ第2戦 NC2シリーズクラスレポート 2010

201017_1b1_2

NC2シリーズクラス・レースレポート
725日(日)筑波サーキットコース2000にて『ロードスター 筑波サーキット ミーティング2010 with ロードスターブロス』が開催されました。

開幕戦から2戦連続でポールtoウインを決めたのは、45号車「DTRだいさくROADSTER」小林大作選手、2位に65号車、利光弘文選手、3位に86号車、野上達也選手、同じくNC2シリーズクラスに出場した81号車「DTR藤トモ☆ロードスター」の藤島知子選手は4位でレースを終えた。


パーティレースⅡとなって新たに誕生したクラスがこのNC2クラス。現行NC型車両のマイナーチェンジ前(NC1)とチェンジ後(NC2)ではそれほど変更がないように思われるのだが、特にエンジンの性能アップは大きく、鍛造クランクシャフト採用によるクランク剛性の向上、ピストンのフルフロート化、バルブスプリングなどの見直しにより、レブリミットを7,000rpmから7,500rpmへと引き上げていて、実質的なパワーアップとなっているといわれている。
Img_0538NC2コースレコードとなる109876のタイムで予選ポールポジションを獲得したのは45号車「DTRだいさくROADSTER」小林大作選手(32歳、千葉県八千代市在住、IT関連会社勤務)。55日の開幕戦でも優勝した小林選手、今回もスタートから1コーナーを制し、一度もその座を譲ることなく15周レース、トップでチェッカーを受けた。





Img_05572
連勝、ポイントリーダーだ。真夏の暑い筑波で2位の選手をずっと後ろに従えてのレースを振り返り、「ワンミスで抜かれるかもしれない状況が続いていたので勝てて嬉しいです。予選はとても良かったですね。マシンの性能も上手く引き出せてきているので、このままシリーズチャンピオンを獲りたいです。」とチャンピオン獲得への思いを語ってくれた。2位に65号車、利光弘文選手、3位に86号車、野上達也選手。

201017_8b1Img_0679_2NC2シリーズクラスに出場した81号車「DTR藤トモ☆ロードスター」の藤島知子選手は4位でレースを終えた。彼女がレギュラー出演しているテレビ神奈川(TVK)の新車情報番組「岡崎五朗のクルマでいこう!」の番組内でこの日のレースの模様が紹介される予定となっているとのことなので、是非、チェックしてみてほしい。

Img_0560

NBクラスは優勝48号車、山崎 巌選手、211号車、高山則政選手、325号車、深澤紳一選手となった。

« パーティレースⅡ第2戦 クラブマンクラス・レポート 2010 | トップページ | パーティレースⅡ 第2戦 NC1シリーズクラスレポート »

DTR」カテゴリの記事

NC マツダロードスター」カテゴリの記事

イベントレポート」カテゴリの記事

レース / モータースポーツ 」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ