« 7月25日パーティレース第2戦速報 | トップページ | パーティレースⅡ第2戦 NC2シリーズクラスレポート 2010 »

2010年7月25日 (日)

パーティレースⅡ第2戦 クラブマンクラス・レポート 2010

201017_2b1_2

NC1クラブマンクラス・レースレポート
7
25日(日)筑波サーキットコース2000にて『ロードスター 筑波サーキット ミーティング2010 with ロードスターブロス』が開催されました。

NC1クラブマンクラスは予選3番手からロケットスタートを決めた
73号車「DTRロードスター」THOMAS O’ DOWD(トム)選手が優勝。ポールポジションからスタートの100号車
「こだわりロードスター
DTR」大谷内隆輔選手が2位に、
3位には16号車、奥澤勝利選手が入った。

DTR(ディーテクニック・レーシング)からは6台がエントリーし活躍した。またこの結果はMZ RACINGでも報じられた。

201017_3b1

NC1コースレコードとなる109565のタイムで予選ポールポジションを獲得したのは100号車「こだわりロードスターDTR」大谷内隆輔選手(30歳、東京都墨田区在住、コンサルティング会社経営)。しかしレースがスタートすると73号車「DTRロードスター」THOMAS O’ DOWD(トム)選手(37歳、東京都目黒区在住のアイルランド人、IT関連会社SE)が、予選3番手から見事なスタートダッシュでトップに躍り出た。その後、トップのトムと2番手大谷内選手のテールtoノーズの激しいバトルが15周に渡って繰り広げられるが、2台は後続をどんどん引き離し、そのままの順位でチェッカーとなった。3位には16号車、奥澤勝利選手が入った。

Img_0520

優勝したトムは「予選でブレーキトラブルがあって、チームスタッフが決勝までに治してくれた。勝てたのは

DTRチームのおかげです。ありがとう。」と語った。2番手の大谷内選手は「トムに負けたのは悔しいけど、あのスタートは本当に凄かったですよ。予選は良いタイムが出て自信もつきました。次回はNC1シリーズにステップアップして頑張りたいと思います。」と力強く語ってくれた。ライバルでありながらも一緒にテストに行ったり、ドライビングを研究したりと普段から友人関係でもある2人。マツダロードスターワンメイクレースを通じて、モータースポーツを満喫しているようだ。

その他のDTRチーム員の活躍は

18号車、石田浩二選手「DTRイッシー★ロードスター」
予選
5位、決勝4位。

51号車、乃美浩一選手「ヒロさん達とDTRロードスター」
予選
7位、決勝9位。

159号車、石川琢也選手「DTR まさともロードスター」
予選
9位、決勝10位。

169号車、野々 肇選手「DTあ~る16ロードスター」
予選
19位、決勝19位。



« 7月25日パーティレース第2戦速報 | トップページ | パーティレースⅡ第2戦 NC2シリーズクラスレポート 2010 »

NC マツダロードスター」カテゴリの記事

イベントレポート」カテゴリの記事

レース / モータースポーツ 」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ