« DTRエキシビジョンレースTD第2戦 筑波1000 | トップページ | NB1ヘッドライトレンズの交換リフレッシュ »

2010年5月 5日 (水)

NB新品幌の折りたたみに注意!

P1000412 「せっかく新品のNB幌に交換したのにすぐに幌に穴があいてしまった」という現象のクルマをこれまでたくさん見てきた。写真の丸の部分に針でつついたような状況だ。

最初に幌を開けるときに正しい折り方で畳めば、回避できますので、注意してみてください。

P1000411_2 拡大してみた写真がこれ。運転席ガラス後方12cm下から5cmくらいでしょうか。幌をあけて、扇子状でなくグチャっと折れて畳まれるとちょうどこの位置に車体側の金具があり、幌骨との間で擦れます。そして生地全体が薄くなり、最後には破けてくるのです。新品の最初にきちんとした畳み方の癖がつくかどうかがポイントですので、最初が肝心。幌交換された方は、せっかくの新品にすぐに穴が開いてしまいますのでよく注意してください。
あくまで私の経験上ですが、いちどちゃんと癖がつけば、運転席に座ったまま幌を後ろに投げるように開けても大丈夫。だから新品装着から暫くは降りて、丁寧に畳んであげてください。
「最初はここを傘で突いたのではないか?」「イタズラされたのでは?」などとみんな思っていたのですが、たくさんのNB幌オーナーが全く同じ位置に穴が開くので分かったことなのです。この部分はオーナー自身でトラブルを防止したいものですよね。

« DTRエキシビジョンレースTD第2戦 筑波1000 | トップページ | NB1ヘッドライトレンズの交換リフレッシュ »

NB マツダロードスター」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ