« RCOJ vol.55 Winterに出来利弘のスターマツダ09レポートが掲載されました | トップページ | ホンダ CR-Z 研究4 インテリア研究 »

2010年3月 4日 (木)

ホンダ CR-Z 研究3 「ホンダらしさ」を表現する

Crz1 CR-Zを見て、乗ってみて感じたこと。それは「ホンダらしさ」を追求するということの大切さだった。

今やクルマの完成度は上がり、エンジンやサスペンションなど、どこのメーカーのモノも優れていて、充分な仕上がりを見せる。そんな中であえて私達がクルマを選び、購入する理由のひとつには「自分のスタイル」として、そのブランドを買うという考え方が出てくる。だから、自動車メーカーは「そのメーカーらしいクルマ」を作ることが最も求められているのだ!とこのCR-Zを通して痛感した。「ホンダらしいスタイル」、「ホンダらしい乗り味」、「ホンダらしい新しさ」、「突き詰められた技術力」。それらを全て達成していたかどうかを今判断することは出来ないが、少なくとも私達の周りにいた多くの人々がこれらに感心を持ち、どうかを確認するためにホンダショールーム、試乗会に出かけて行った光景が多く見られた。また、街を歩く多くの人々も同じような言葉を口にしているのを聞いた。

各ブランドメーカーの「そのブランドらしいモノ」が求められる!という現象は、これからもっと加速するだろう。会社も私達個人も自分らしさを磨かなくてはいけないと再認識した。

CR-Z」、ホンダ久々のスポーティなクルマが投げかけた波紋が、今の日本の自動車社会に良きスパイラルを生み出す予感がする。

« RCOJ vol.55 Winterに出来利弘のスターマツダ09レポートが掲載されました | トップページ | ホンダ CR-Z 研究4 インテリア研究 »

試乗記、研究レポート」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ