« ホンダ CR-Z 研究3 「ホンダらしさ」を表現する | トップページ | 3月14日筑波1000 のフォトアルバムをアップしました »

2010年3月 5日 (金)

ホンダ CR-Z 研究4 インテリア研究

P1000252_3

CR-Zのインテリア。コクピット感覚のデザインで左右のスイッチ、ナビの画面までが運転席に向けてラウンドしている。
CR-Zのエレキ装備は最新のクルマをよくチェックしていた人にとっては当たり前かもしれないが・・・

「最近興味の沸くクルマがなかった」というクルマ好きの人たちにとっては衝撃の装備がたくさんあったという。では細かくチェックしてみよう。

P1000120_2 まず、ドアを開けて乗り込もうとするだけでメーターの証明が着く。P1000024P1000025
そしてキーをひねるとメーターON

右下のエコドライブバーがクリアゾーンに収まるように運転するとエコドライブになるという。エコドライブを採点する、ECOスコア。習得度の違いによってステージアップするというゲーム感覚の楽しみも持たせている。
P1000262_2

P1000264P10002657CVTのパドルシフトは右が引いてプラス(シフトアップ)、左が引いてマイナス(シフトダウン)というF-1などレーシングカーと同一となっている。左はオーディオのコントロール、下はハンズフリー、右はクルーズコントロールのスイッチとコントローラー。最新式は坂を上り始めても無理にスピードを維持しようとアクセルを踏み込むことなく、少し落ちても徐々に速度を合わせていくという、燃費を重視した仕様となっているのだ。

P1000256P1000255ステアリング左側にはエアコンのコントロールパネル。右にはクルーズコントロール。
メータークラスター右に「3モードドライブシステム」のスイッチがある。上から「SPORT」「NORMAL」「ECON」とあり、パワートレイン(エンジン、モーター、トランスミッション)とEPS(電動パワーステアリング)、エアコンを統合制御して3パターンの走りを実現している。

P1000266_2

ETCはステアリングコラム下にスマートに収納されている。

P1000245

P1000247

センターコンソール前方のカップホルダーのさらに奥にはUSBケーブル、携帯電話からの情報などを入力できる外部入力端子が並ぶ。3色コードの外部入力端子からはビデオやゲームをナビの画面に表示して楽しむことも出来る。この手前にそれらの機器を置く場所もあり、熱がこもらないようにBOXスペースに通気用の穴?まで空いている。このクルマの性格、使われ方を表すスペース。今までの走りのスポーツカーの考え方とは違って、日常の足として使うオシャレな2シーターを強く意識する。

P1000023

« ホンダ CR-Z 研究3 「ホンダらしさ」を表現する | トップページ | 3月14日筑波1000 のフォトアルバムをアップしました »

試乗記、研究レポート」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ