« 筑波コース2000復習座学 | トップページ | Star Mazda 情熱物語 9 アトランタテストで得た自信 »

2010年2月13日 (土)

Star Mazda 情熱物語 8 自分の限界への挑戦

Mosport20092067_2

大切なことは「自分の出来る限界まで挑戦したかどうか」だと思うのです。それをやりきったので、ひとつの達成感は感じています。
リザルトとしての結果(数字)はいきなりの好成績!とはなりませんでしたが、このレースは繊細なメカニズムのマシンを使ったスポーツであり、また大勢のスタッフと共に戦うので、そんなに簡単にはいかないものなのです。

ゴーシェン・モータースポーツからジュンコース・レーシングに移籍して戦った3レース。
それぞれの結果は速報のとおり

Star Mazda Rd.11 Mosport

Road Atlanta Test

Star Mazda Rd.12 Road Atlanta

Star Mazda Rd.13 Mazda Raceway(Laguna Seca)

2009年、出来利弘のスターマツダチャンピオンシップへのチャレンジを応援していただき、本当にありがとうございました。これからレースを振り返ってみたいと思います。

Mosport20091383

ジュンコースチームは私が移籍して5台体制となるはずが、ピーターと私の2台体制となりました。チャンピオン候補だったピーターと同じチームで戦えたことで私は多くのことを学びました。結果としてはピーターもランキング2位、私、トシ・デキ(出来利弘)はランキング14位、エキスパートシリーズ2位で2009年を終えることとなりましたが、これもレース。全力を出し切った結果です。チームスタッフ、チームメイトをはじめ、スターマツダに関わる仲間たちと同じ目標に向かって戦い、レースを完全燃焼しました。今、自分に出来ることはやりきったと感じています。全ては初めてのサーキット、英語でのコミュニケーション、文化の違い、チームの移籍と新しい人間関係をつくることなど、次々と新しい課題が現れ、それを克服し、あるレベルにもっていく作業は、とても時間密度が濃く、充実したものでした。その中で得た手応えは確かなものでした。課題に取り組み、解決していく作業はやりがいのあるもので、日常の仕事とも重なる部分ばかりでした。「この先どんなことがあっても生きて行ける!」素直にそう思えるほど、自分に自信を持つことができたのは、大きな収穫です。
1年間で最もハードにプッシュし続けたドライバーに送られるBBSハードチャージャーアワードを受賞できたことも素晴らしいことです。私と私を応援してくれたみんなで掴んだこの2009年スターマツダチャンピオンシップの結果を素直に喜び、次へのステップとしたいと思います。

ディーテクニック・レーシングドライバー 出来利弘(Toshi Deki)

MZ Racing『星を目指して羽ばたいた39歳
スターマツダのHP:http://www.starmazda.com/   
Juncos RacingのHP:http://www.juncosracing.com/ 
その他「Star Mazda」で検索すると様々な情報が得られます。

« 筑波コース2000復習座学 | トップページ | Star Mazda 情熱物語 9 アトランタテストで得た自信 »

Star Mazda 参戦物語」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ