« 11月15日パーティレース レポート エンブレム耐久 中編 | トップページ | レブスピード2009年12月号でタイムアタックのコツを掴む »

2009年11月15日 (日)

11月15日パーティレース レポート エンブレム耐久 後編

Img_3338

チェッカーフラッグを目指し、夕暮れの筑波2000を走る27号車、石川和也選手。

そして、73号車、トーマス・オ・ダウド選手、100号車、小林大作選手。しかし、暗すぎて写真が撮れていません・・・down緊迫した状況の中、ベストを尽くす3人。マシンはタイヤもブレーキもクラッチも酷使され、限界を迎えつつある。それをごまかしながらドライブ。

P1030637 そんな状況の中、激しいバトルを繰り広げながらレースは終盤を迎える。ピットはさらに緊張が増す。

「あ、抜かれた!」プロドライバーも含め、強豪ひしめくパーティレース耐久戦、石川選手耐え切れずに2台に先行を許してしまう。これで4位。
トーマス・オ・ダウド選手もまた3台に抜かれてしまいます。ピットのタイミングと合わせて、10位。

結局、決勝の優勝は50号車、北山/壷林組のロードスター、2位は田原/芦田組、3位は箕輪/石山組となり、4位に27号車、加藤/泉/石川組のTCR 2000ロードスター、10位に73号車、出来/藤島/トーマス組のTCR 2000ロードスター、16位に100号車、小林/大谷内組のだいさくこだわりロードスターが入った。
73号車は予選からちょっとしたメカニカルトラブルも抱えていて、終始アンダーステアが強かった。スタート直後のストップからの追い上げとしては良い順位だったといえるだろう。
ディーテクニック・レーシング(DTR)結成初のレースは無事に終了しました。チームスタッフの的確な動きに支えられ、安心してレースすることが出来ました。本当にありがとうsign01
来年の耐久はもうちょっと頑張るから、またよろしくお願いしますねcoldsweats01

Img_3351P1030647
さて今回はマツダサポートする最後のパーティレース。ということでコース上で記念撮影。
P1030643これがこの横断幕での最後の写真かも・・・。

P1030651 DTRと主催、運営してくれたスタッフと記念撮影。来年からも変わらず、パーティレースに力を入れて続けていってくれると誓ってくれましたsign03


来年もモータースポーツをみんなで一緒に楽しんでいきましょうsign03

« 11月15日パーティレース レポート エンブレム耐久 中編 | トップページ | レブスピード2009年12月号でタイムアタックのコツを掴む »

DTR」カテゴリの記事

イベントレポート」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ