« 第2回 新型 FIAT500 & Panda & ABARTH ミーティング開催! | トップページ | ロードスター幌のキャッチ »

2009年10月26日 (月)

RX-8用 アルミ製 ストラットタワーバー オクヤマ製

P1000094

RX-8用アルミ製ストラットタワーバー(オクヤマ製)

フロント用 ¥27,300(税込み)

リヤ用   ¥25,200(税込み) 

P1000098 フロントはマスターシリンダーを痛めないジュラコン製のブレーキマスターシリンダーストッパー付き。
溶接でがっちり付いているタイプで剛性がしっかり出ています。アルミ製オーバルシャフトで台座も全てアルミのため、とても軽量でフロント1.4kg、リヤ1.0kgしかありません。スチール製の同じタイプの60%程度です。

P1000113 そしてリヤはアッパーマウントの付け根からしっかり剛性を取る形状となっていて、トランクルームの床にぴったり沿っている設計とオーバルシャフトのため、ラゲッジスペースがほとんど犠牲にならないところも良いところ。このバーの出る位置のカーペットはカットする必要がありますが他は加工なく装着できます。

サーキット走行時にはこのサスペンション取り付け部のボディ剛性が重要となってくるRX-8。2点式のこのタワーバーはコントロール性も良く、お勧めです。

さて、サーキットと言えば、重量が気になります。この作業をしたついでにRX-8のトランクルームの内張りなどを仮に取り外したらどのくらいか??を計測してみました。
タワーバー装着時に外す左右の内張りが1.0kg、トランクの裏の内張りが0.5kg、トランクキャッチ周りからテールランプ裏のプラスチックカバーが1.3kg、パンク修理キットが1.0kg、パンタジャッキと牽引フックなどが3.5kgでした。

内装を剥がすのは一般的でないとしてもジャッキ関係とパンク修理キットは4.5kgもあるので、タイムアタックの際には降ろしておきたいものです。リヤオーバーハングの4.5kgはききますよ!

P1000118
P1000117 ※ここの取っ手の爪は折りやすいので取るとき注意。
P1000116

« 第2回 新型 FIAT500 & Panda & ABARTH ミーティング開催! | トップページ | ロードスター幌のキャッチ »

MAZDA RX-8」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ