« Star Mazda Championship Rd.11 Mosport  (モスポート)結果速報 | トップページ | 加藤彰彬選手、メディア4耐REVチームから出場! »

2009年9月 2日 (水)

Star Mazda 情熱物語 7 人生を折り返す 

Mosport20090152 Mosporot(モスポート)以降、ジュンコースからエントリーすることになったToshi Deki (トシ・デキ)。ここからまた新しい関係を築き、再スタートを切る。

Mosport20090138情熱をもってひとつのことに取り組む姿勢は、必ず人に伝わるのだ」ということを私はこのレースを通じて知りました。レース、スピードの世界ではもちろん結果が大事。これからもそれを追い続けるでしょう。しかしそれ以上に大切なことがあるのです。「どんな想いをもってそれに取り組むか」ということです。本物の人たちには、本物の想いは伝わります。作られたものは全て見抜かれるのです。
それは彼らが悩み苦しみながら、自分の力で戦い抜いてきた人たちだから、目を見ただけで、言葉が通じなくても全て解ります。レーサーは感情をむき出しにして走ります。その走りを見れば、その人が「どんな人」で「どんな才能」があって、「どういう生き方」をする人なのかその世界の達人には解るのです。スピードは?それは複雑な要素が絡み合うので、はっきりとは解りません。速い人がそうであることは見れば明らかです。
でも遅い人の可能性をどこまでいけると解釈するかはとても難しい問題です。ただ、「こいつとだったら一緒にやってみたいな」「こいつなら勝たせてやりたいな」と思われることは、本人の努力次第でどうにでもなるのではないかと、今、思うのです。私は本当に幸せ者です。とても良い人たちに次々と恵まれて、奇跡がどんどん起こりました。もうこの先、例え上手く行かなくても何も後悔などありません。思い切りやるだけです。

Img_9061_2 今日、9月2日は私の誕生日、40歳になりました。カナダでホームステイさせてくれた私の遠い親戚、ジミーさんたちに誕生会を開いてくれました。
今年はスターマツダに参戦、いろんなことがありました。こんな幸せな気持ちで誕生日を迎えることができたこと、ここまで私を応援してくれたみんなに本当に感謝しています。ありがとうございます。求め続けた環境の中に身を置き、チャレンジできていることに感謝し、その一瞬、一瞬を大切に生きたいと思います。

6年前から私の人生は変わり始めました。たくさんの協力者が現れ、TD-1001Rの開発に始まり、日本でのレースチーム活動、イベント、TCR 2000開発、そしてスターマツダ参戦と全て夢のように実現することが出来ました。

「自分に正直に生きること」
「覚悟を決めて戦い、その責任を取ること」
「家族と自分の身近な人たちを大切にすること」

この3つをいつも心に想い、生きてきました。それが作られたものではなく、本当の想いであることを解ってくれた人が、私を支えてくれたのです。このブログファンのみんなもそうです。同じ想いを持つ大切な仲間です。みんなの幸せが私の幸せ。私の特技はレース以外、何もないから、最後の瞬間まで全力で走ります。
Img_8941

レーシングドライバー 出来利弘

スターマツダのHP:http://www.starmazda.com/   
その他「Star Mazda」で検索すると様々な情報が得られます。

« Star Mazda Championship Rd.11 Mosport  (モスポート)結果速報 | トップページ | 加藤彰彬選手、メディア4耐REVチームから出場! »

Star Mazda 参戦物語」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ