« ありがとう!Goshen(ゴーシェン)のみんな! | トップページ | Star Mazda情熱物語 夢を諦めなかった20年間 »

2009年8月22日 (土)

スターマツダレースは第2章へ!Juncos とモスポートへ!

Gp3r20090134 8月29日(土)にカナダのモスポートで行われるスターマツダ第11戦より、ディーテクニック・レーシングドライバーToshi Deki (トシ・デキ)は、Juncos Racing (ジュンコース・レーシングからエントリーします。階段をひとつ上がり、いよいよ本番!

Gp3r20090172_2 本当に想像を超えた出来事が次々に起こる今年のスターマツダチャンピオンシップ。まさか2009年中にトップチームへの移籍が実現できるとは思ってもみませんでした。スカウトしてくれたジュンコースのマネージャー、私のマネージャーSeijiにも大感謝です!もちろんそれを許してくれたゴーシェンにも。

間違いなく、階段を一歩登りました。優勝経験のあるチームは勝ち方を知っています。セットアップも基本を大きく外したところに入る心配は少ないでしょう。何より、チームが私を本当に歓迎してくれる環境があることが素晴らしい。

絶対にこのチャンスをものにします!

ゴーシェンチームでの10レースの経験は素晴らしいものでしたが、なかなかリザルトには繋がらないものでした。自分で選んだ道でありながら、途中で辞めてしまうことも考えました。それでも頑張れたのは自分自身を信じる力と皆さんの応援のおかげです。本当にありがとうございました。「誰かがきっと見てくれている」そう信じて走ることは、簡単なことではありません。異国の地で「日本国旗を背負っているんだ。負けてたまるか!」という強い気持ちもなければ、ここまで力強く走れたかどうかわかりません。結局10レース全て完走(最後のTrois-Rivieresも完走扱い)で走りきり、予選より決勝で順位を全て上げてくるレースをしました。これは他のドライバーにないものです。プラクティスも精力的に走る私は「ジャパーニーズ・ロケット」とか「ジャパニーズ・ロッキー」とか呼ばれていたそうです。出てったら戻ってこないとか、決して諦めないからだそうです。歳もとっているからでしょうか?

1レース終わると3ヶ月以上時間が過ぎた感じがするほど密度の濃い世界です。もう5年くらいこのレースに参戦しているような気持ちです。本当に。そんな中ですから、この10レース、上手く行かない状況に耐えるのは簡単なことではありません。これに耐えられたのは日本でロードスターレースのチームオーナー、監督、メカニックなどの役目もしていたからだと思います。レースに出られない間の経験は無駄ではなかったのです。全体が見渡せ、スタッフのひとりひとりが何を考えているか、どんな気持ちなのかがだいたいわかります。ドライバーとして求められていることもそうです。アメリカのレーシングチームのマネージャー、スポッターの目は肥えています。良いドライバーか良いマシンかは、隠してもすぐにわかるのです。私が良い走りをすればすぐに「Good Job Toshi!」と他のチーム関係者からも声をかけてもらえるし、そうでないときは何も言ってきません。本当にレベルが高いですよ。

いよいよ来週はモスポートにジュンコースレーシングから参戦です!
スターマツダ参戦セカンドステージを是非、一緒に応援してください。

レーシング ドライバー 出来利弘

« ありがとう!Goshen(ゴーシェン)のみんな! | トップページ | Star Mazda情熱物語 夢を諦めなかった20年間 »

Star Mazda 参戦物語」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ