« TD-1001R開発物語5 立花さんと小早川さんがディーテクニックにやってきた! | トップページ | 最後のTD-050の詳細スペック »

2009年7月12日 (日)

StarMazda Championship Rd. 7 Iowa 結果速報

Iowa20090485_2 7月10日(金)に1dayレースで開催されたスターマツダチャンピオンシップシリーズ第7戦アイオワ・スピードウェイのオーバルコースで行われた。このレースにディーテクニック・レーシングのToshi Deki(出来利弘)がゴーシェン・モータースポーツのドライバーとして参戦。予選19位、決勝12位で完走しました。またエキスパートクラスで優勝し、エキスパートクラスのポイントリーダーとなりました。

結果としてはベストリザルト。マシンのフィーリングもかなり良くなってきました。
Iowa(アイオワ)では5月27日、28日に事前テストが行われ、走行、トップの0.7秒落ちの22秒7のラップを記録していました。しかし、それは古いロッカーアームとプッシュロッドの組み合わせでしたので、今回は全くデータがありません。たった2回のプラクティスで直さなくてはならない上に雨の予報。厳しい展開は承知の上です。この新しい試みが結果となるのはAutoBahn(オートバーン)まで待たなくてはならないと思っています。それでもミルウォーキーのレースを捨ててまで手に入れたデータは大いに役に立たちました。
新型のマシンパーツのスタンダードで構成されたマシンは素直な動きを示します。このコースは同じオーバルでもミルウォーキーと比較して、新しいサーキットです。バンクが深く、路面はフラット、ストレートは極端に短く、なんとずっとフルスロットルです!セットアップが十分に決まっていないとアクセルを少し絞らなくてはならない箇所があり、そうなるとかなり下位に沈みます。私もまだ十分ではなく、アクセルを緩める場所がありました。それでもこれまでに比べたらかなり乗りやすくなり、エアロバランス、ライドハイト、スプリング、ダンパーと次々に選びながら、セットアップを進めます。ピットインしてチェンジするごとにどんどんタイムを上げ、古いタイヤで23秒2。予選までには15位くらいまで狙える可能性を秘めたフィールに仕上がりますが、予選に向けてアライメントなど含めまた大きく変更。しかし、この予選、1台ずつコースインして、2周ずつタイム計測するいわゆるカートのタイムアタック方式をとることでクリアラップが取れます。その代わり1チャンス。23.秒642のラップをマークし、2周目はプッシュしすぎてテールスライド23秒8に終わります。これで予選19位。今回はいつもの28台とかではなく、21台しかエントリーありませんが、下位の選手がいないだけでトップ20は全員エントリーしていて、状況は変わりません。実力の19位。ベストグリッドでした。私の後ろを見ると、20位は昨年シリーズランキング2位、優勝多数のジョエル・ミラー(Joel Miller)、21位は前回、ミルウォーキーテストでトップタイムをマークしたマイケル(Michael Furfari)でした。そんな2人でも少しのミスやセットアップの遅れで、簡単に最下位に落ちてしまうほど実力が接近しているのがこのスターマツダなのです。逆にマシンを一番うまく仕上げることができれば、全員がいきなり優勝するチャンスがあるという素晴らしいレースです。
決勝は100Lap全開でのバトルです。スタート直後のクラッシュが最終のターン4目の前のクラッシュを間一髪避けました。フルコースコーションの後に再スタート。今度は単独クラッシュフルコースコーション、そしてレースが半分となるころ、起きます。ターン2で一瞬雨が降り、それに乗ってかどうかわかりませんが、多重クラッシュ、これも目の前で、ギリギリ避けることが出来ました。何度かのフルコースコーションを経て、12位でチェッカーを受けました。チームメイトのビリー(Billy Goshen)は13位でした。

Iowa 優勝はピーター・デンプシィ(Peter Dempsey)、2位はコナー・デイリー(Conor Daly)、3位にはデビット・オステラ(David Ostella)が入りました。私はエキスパートクラス優勝で表彰式に参加。今回も前回同様、スターマツダのサイトのEvent Audioのコーナーでインタビューが聞けます。この3人はとてもナイスガイ、大切な友達です。

次回は7月25日、26日のオートバーン2連戦マシン。引き続き、応援よろしくお願いします。


レーシングドライバー 出来利弘


  スターマツダのホームページ:http://www.starmazda.com/
  
その他「Star Mazda」で検索すると様々な情報が得られます。

« TD-1001R開発物語5 立花さんと小早川さんがディーテクニックにやってきた! | トップページ | 最後のTD-050の詳細スペック »

Star Mazda 参戦物語」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ