« 参戦休止か!スターマツダ出来利弘出場はオートバーンがラストランの可能性大 | トップページ | TD-1001R開発、販売とスターマツダレースチャレンジは同じこと »

2009年7月 4日 (土)

フィアットパンダ100HP 2009年モデル登場

P1000060 6月13日より、フィアットオートジャパンから、FIAT Panda(フィアットパンダ)100HPが再販されました。

100台限定で価格は209万円。
右ハンドルのみ、前モデルと同じ装備。ボディカラーはアンビエントホワイトはボサノバホワイトに、ルンバレッドはパソドブレレッドへ変更されています。その他は前回と同じニューオリンズブルー、エクストラクラッシュグレー、クロスオーバーブラックの各メタリック色で合計5色のラインナップ。

Panda 100HP(パンダ ヒャク・エイチ・ピー)は2007年10月に130台限定で発売されたものの発売と同時に即完売!カー雑誌にインプレッションが載るころにはすでに手に入れることができないほどの人気だった。その後も問合せの電話が多く、好評だったことを受けて今回追加で100台のみ販売される。スペックなどは前モデル同じだが、ウィンドウエアバッグが追加搭載されている。

最高出力100ps(74kW)/6000rpmのエンジンは1400cc 16バルブDOHCエンジン。6速MTのクロスミッションが組み合わされる。スポーツスイッチを押すことでよりスポーティな走りが楽しめるようになっている。バケットタイプのPanda 100HP専用スポーツシート、エクステリアは100HP専用の大型グリルと前後スポーツバンパー、15インチアルミ、レッドカラーのブレーキキャリパー採用など、ホットハッチらしい演出がなされている。クルマの楽しさ、乗る人を元気にしてくれる性能は、1年使ってみても全く色あせない素晴らしいものでした。前回手に入れたれなかった人が多いだけに、今回の限定100台も急がないと売り切れてしまうかも。

« 参戦休止か!スターマツダ出来利弘出場はオートバーンがラストランの可能性大 | トップページ | TD-1001R開発、販売とスターマツダレースチャレンジは同じこと »

ABARTH & FIAT(アバルト&フィアット)」カテゴリの記事

試乗記、研究レポート」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ