« ENGINE誌7月号に出来利弘Star Mazda参戦レポートが連載された | トップページ | アバルト グランデプント研究2 »

2009年6月 1日 (月)

アバルト グランデプントがやってきた。

ABARTH GRANDE PUNTO090429_095801
アバルト グランデ プント
1.4 16v TURBO 155 HP

270万円

090428_163202_2 フィアット車をベースとしたチューニングで高い名声を築いたABARTH(アバルト)が現代に本気で投入してきた第1作品はグランデプントベースのこの「アバルト グランデプント」だ。1400ccにIHI製のターボチャージャーを装備し、155psを発生する。
1号にして決定版ではないかと思われるほどその完成度は高く、魅力に溢れている。

090428_163101 090429_095601
とにかくデザインが見事だ。標準のグランデプントが5ドアであるのに対して3ドアであることもスタイリッシュな理由だが、フロントノーズの絞込みが強く、面にも表情があってなかなかだ。標準に対して、エアロバンパー、オーバーフェンダーになり、ミラーがレッドに、さらにドア下部にアバルトステッカーがあるなどアクセントを加えている。17インチのアルミホイールを採用し、わずかにローダウンしたサスペンションも組み込まれている。このあたりのバランスの取り方が実に上手く、まるで違うクルマのような存在感がある。取っ手のないリヤゲートすらもこれほど格好良かったか?と思ってしまうほど、イメージが違う。

« ENGINE誌7月号に出来利弘Star Mazda参戦レポートが連載された | トップページ | アバルト グランデプント研究2 »

ABARTH & FIAT(アバルト&フィアット)」カテゴリの記事

試乗記、研究レポート」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ