« 2001年12月に横浜ショールーム開店 ディーテクニック物語4 | トップページ | 2003年 レース活動の再開 ディーテクニック物語6 »

2009年6月24日 (水)

2002年 横浜でDTRを販売、メンテナンス開始 ディーテクニック物語5

M2_1001_3 2002年ディーテクニックは横浜ショールームにて、厳選したロードスターパーツを展示販売することを開始し、突然10倍以上のお客様が来店する日々が続いた。
新たに持ち込んだ企画は「リフレッシュ」
ディーテクニックロードスターリフレッシュカーDTR)」と「純正パーツ大量在庫」をロードスターショップとして宣伝するのは当時としては斬新なもの。新しい発想だった。

New_shop

まったく驚いた。二子玉川でやっていたときとはまるで違い、雑誌やネットで情報を得たロードスターオーナーがたくさん来店してくれた。座学生徒のクルマをメンテナンスする一方、少し他のお客様も出来れば・・・と思っていた状況は急に変わり、チューニング、メンテナンスも積極的にやらざるを得ない状況に変化していく。
アンケートを書いてもらってもゆっくり読んで、その人に最適なアドバイスをしてあげる時間がない。「こんな状況ではいけない。」私は思い切り、「他のチューニングショップと違う方向に進みたい。」と社内でミーティングした。
「俺ははっきり言ってノーマル派。メーカーの技術者たちが一生懸命テストして作ってくれたクルマは私たちがちょっと手を加えたくらいで超えられるものではない。改造してみたい気持ちもある反面、ノーマルで乗り続けたい人の気持ちも良くわかる。ロードスターを一生乗り続けたいと思っているようなそんなオーナーたちの力になりたい。なにか斬新な企画をして、ロードスターオーナーの新しい方向性を提案したい。」

そこで私は考えたんだ。「チューニングロードスターは街をたくさん走っているが、すでにチューニングされた中古車を購入した人も多い。実際にロードスターでチューニングショップで買いものする人は100人いても1人、1%くらいしかいないのではないか?ならば、99%の人はどうしてチューニングショップに行かないのか?「ノーマルが好きだから」「チューニングパーツに興味が無い」「チューニングすると壊れそう、クルマの寿命が短くなりそう」「ショップのおじちゃんが怖い」「いらないパーツを無理やり勧められる」・・・などいろいろあるがこのあたりを考え、99%のショップに行かない人の1%が「そうそう、こんなショップがあって欲しかったんだよ。」といってもらえるようなものを作ったらどうか。そうして出来たチューニングを知らない仲間たちに正しいチューニングの仕方やコストダウンのために性能が絞られているパーツ、世界中のいろんな人が乗ることを想定してデチューンされている部分を少し改善することで、自分のクルマが楽しくなる世界を見せてあげよう。」

しかし、同じようなものはたくさんある。みんなの目に飛び込んで来るような広告と提案を考えた。これこそがディーテクニックの強さだったと今、思う。
Img_0797その第一弾が『リフレッシュ』という考え方、見せ方だった。NAロードスターをリフレッシュして長く楽しもうということなのだが、これを浸透させるためにコンセプトを明確にした中古車シリーズ化、ロードスター『ディーテクニック・リフレッシュカー』(DTR)シリーズとして2001年から販売を開始した。
良質中古車シリーズはサスアームブッシュをはじめとするブッシュ類、モール類など交換され、時には幌交換、オールペイント、タイヤ交換も行い、プレミアム価格で販売した。
DTRのシリアルプレートが張られ、徹底的に磨かれ、コーティングされたクルマが納車された。

Egm_05

Dscn1671

Dscn1668

2002年からはさらにこの仕様を増やし、販売台数は加速した。合計100台のDTR(ディーテクニックリフレッシュカー)が販売された。「このリフレッシュカーたちに施されたものと同等のリフレッシュを少しずつ自分のクルマにもやっていきたい!」そんな思いがオーナー達に芽生えたころ、『純正パーツを大量に在庫!リフレッシュの提案』を行います。
さらにリフレッシュベスト10としてラバーブーツ、ワイパーアームなど小物を買ったり、サスアームブッシュ交換、エンジンマウント交換など大掛かりなリフレッシュをする人もとてもたくさんいた。今では考えられないほどリフレッシュブームが全国で起きていた。
これらのパーツを入手するのに当時は、マツダ上野毛店が多大な協力をしてくれた。しかし、このディーラーも2009年5月に閉店。その幕を閉じた。

Img_4817ディーテクニックは一時はクルマが1台組み立てられてしまうのではないか?と思えるほど大量の純正パーツを在庫していた。予約が殺到し、普通ならばチューニングショップに行かない人が多数来店。約500人もの楽しい仲間たちが増えた。私たちは、ドラテク教室も二子玉川の教室を都筑のショールームの2階に移転。次のステップを踏み、いよいよレース活動の再開を計画する。


<2002年の主な参加イベント>

・2月10日(日) 第1回 ディーテクニック初心者向けジムカーナ
          練習会 in 筑波

・3月16日(土) 筑波ロードスター最速王決定戦 in 筑波2000

・4月3日(水) 第2回 ディーテクニック初心者向けDJサーキット
         走行会 in 筑波1000

・4月27日(土)~29日(祝) ディーテクニック 
                 NBロードスターミーティング

・5月5日(祝) パーティレース第1戦 NR-Aロードスター 
         筑波2000

・5月9日(木) 第3回 ディーテクニック初心者向けDJサーキット
         走行会 in 筑波1000

・5月26日(日) ロードスター軽井沢ミーティング2002

・6月9日(日) 第11回 RCM仙台ハイランドサーキット走行会

・7月6日(土)、7日(日) 「私をシゴキに連れてって2002」
      ジムカーナ練習会、二本松メーハイランドSSパーク

・7月20日(祝)、21日(日) ディーテクニック NA8C
                 ユーノスロードスターミーティング

・7月28日(日) パーティレース第2戦NR-A 筑波2000

・8月3日(土)、4日(日) ディーテクニック NA6CE
                 ユーノスロードスターミーティング

・8月28日(水) 那須サーキット走行会

・9月23日(日) エビスR&R ロータリー&ロードスター 

・9月28日(土) パーティレース第3戦NR-A 筑波2000
         佐川千世己選手、初ポールtoウイン!
         ディーテクニックドライバー 初優勝者

・9月28日(土)、29日(日) M2ミーティング in 女神湖

・10月4日(金) 第2回ディーテクニック初心者向け
          ジムカーナ筑波

・10月26日(日) チーム大平SUGOサーキット走行会

・11月3日(日) パーティレース第4戦NR-Aロードスター
         60分耐久レース 
         弾丸次郎&出来利弘 2位

・11月10 日(日) RCMサーキット走行会 in SUGO 

・11月27日(水) ケンタウルス 那須サーキット走行会

・12月1日(日) ディーテクニック NB6C&NR-Aミーティング

・12月25日(水) 第4回ディーテクニック初心者向けDJサーキット
          走行会 in 筑波1000

その他多数

出来利弘

« 2001年12月に横浜ショールーム開店 ディーテクニック物語4 | トップページ | 2003年 レース活動の再開 ディーテクニック物語6 »

DTR」カテゴリの記事

ディーテクニック物語」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ