« 小林選手のパーティレース・クラブマン2優勝レポート | トップページ | ENGINE誌7月号に出来利弘Star Mazda参戦レポートが連載された »

2009年5月19日 (火)

Star Mazda Championship Rd. 3 Miller Motosports Park結果速報

Miller_rd3 2009年5月16日、スターマツダチャンピオンシップシリーズ第3戦がソルトレイクシティ近く、ユタにあるミラー・モータースポーツ・パーク・サーキットで行われた。このレースにディーテクニック・レーシングのToshi Deki(出来利弘)がゴーシェン・モータースポーツのドライバーとして参戦。予選29位、決勝26位で完走した。また、エキスパートクラスで初クラス優勝を果たした。Img_8006_2Img_8007

優勝インタビューの音声が聞ける場所はMillerレースの Star Mazda公式サイト右下の枠、Event Audioにある。 Toshi Deki のボタンをクリックするとクラス優勝の声を日本語で語っているので是非、聞いてみてください。

Mmp0516090912 Mmp0516090941 Mmp0516090949 Mmp0516090963 Mmp0516090972 Goshen Motorsports(ゴーシェン・モータースポーツ)Car No.80 Toshi Deki はユタにあるミラーサーキットで行われた第3戦を完走し、エキスパーツクラスにおいて、初のクラス優勝を飾ることができました。このエキスパート・クラスとは30歳以上44歳までのドライバーに対して別表彰を行うものです。出場に向けて手を貸してくださった皆様、応援し続けてくださる皆様のお陰です。本当にありがとうございました。
そしてこれは、まだ見ぬ結果を目指し、トライし続けるゴーシェンチームとトシに神様からの小さなプレゼントのような気がします。「諦めず頑張れ!」のメッセージと共に・・・。

第3戦ミラーはフラットでハイスピードコーナーの多い過酷なサーキット、これまでの2戦に比べてグリップが高く、ステアリングも非常に重いものだった。木曜日、金曜日にそれぞれ1時間が2回のプラクティスがあり、土曜日に1Dayレースで午前に予選、午後に決勝というスケジュールで行われました。前回のバージニアでヒントを得たセットアップにプラスして、このサーキットに合わせ、上位進出を目指しました。しかし、すでに私の2009年仕様のマシンは他のチームメイトと同じセットアップではちゃんと走行できないことがわかっていて、エンジニアと相談しながら、独自でセットアップしていかなくてはなりません。これはなかなか難しく、毎セッションタイムをあげてきたものの時間切れ。また資金を温存するためにもNEWタイヤ効果が2秒弱しかないこのサーキットでは、それを投入せず、プラクティスを中古のタイヤで乗り切りました。予選の時間となりました。

土曜日の予選、ポールポジションは1分43秒935でJDCのアダム・クリストドゥロ。Toshi は、1分47秒626のタイムで予選29位でした。
セットアップをいくら大胆に変えても少ししかその方向に進まない難しいNEWマシン。迎えた予選、「限界を極めなくては先が見えない」とエンジニアと相談した結果、これまでにないビックチェンジをしてトライする。結果2秒短縮して自己ベストは更新したものの順位は変わらなかった。確かな方向性を見つけたことには間違いなかったが、「この順位で守りに入ってレースをしても仕方がない。この予選に向けてのビックチェンジの2倍を行ってみて、当たれば4秒タイムアップ、外れたらタイムダウンしても良いから賭けに出たい!」と申し出て、大幅にセットアップの変更をして決勝レースに挑みました。Mmp0516090423

決勝レースはスタートに成功し、ポジションアップして走行、その後、クラッシュがあり、数台が止まりました。フルコースコーションとなり、ポジションは24位。再スタートからさらにポジションをあげて22位を走行していました。しかし狙ったセットアップはやはりやりすぎで、限界の低い上にコントロールに苦しみました。さらにステアリングも信じられないほど重く、タフなレースとなってしまいました。それでも前を走るマシンに食らい着き走行、前半からインフィールドは速い。しかし、3コーナーとファイナルセクションが極端に遅く、なかなか差を詰められない。Mmp0516090523 22周、45分のロングレースでずっと同じではいけない。スタビライザーを変更したり、ブレーキバランスを変えたりしながら、プッシュし続けた。コーナリングライン、ブレーキングポイントも変更しながら、さらにチャレンジした3コーナーでバランスを崩し、第1ヘアピンで3台並んでブレーキング競争、2台に先行されてしまう。この2台がその後4コーナーで接触、クラッシュを避けてコースアウト、復帰した際にさらに3台に先行される。さらに残り5周を切ったところで第1ヘアピンでオーバーランした際に順位を落としてしまい、結果26位となりました。
優勝はCar No.11アダム・クリストドゥロ、2位はジョエル・ミラー、3位はピーター・デンプシイが入りました。また、トシ・デキはエキスパートクラスで初優勝となりました。

今回見えたマシンのセットアップのバランスを次のレースに活かしていきます。
次回は6月13日、14日、第4戦、5戦ニュージャージー2連戦です。これからも応援よろしくお願いいたします。


レーシングドライバー Toshi Deki

  スターマツダのホームページ:http://www.starmazda.com/
  その他「Star Mazda」で検索すると様々な情報が得られます。

« 小林選手のパーティレース・クラブマン2優勝レポート | トップページ | ENGINE誌7月号に出来利弘Star Mazda参戦レポートが連載された »

Star Mazda 参戦物語」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ