« 4月19日筑波ジムカーナ練習会を開催 | トップページ | 2月8日(日)筑波サーキットコース2000のリザルトをアップ »

2009年2月26日 (木)

Star Mazda参戦への道 20  一歩ずつ階段を登るように

P1000042 「スターマツダ参戦への道」それは、そんな簡単なことではない。果てしなく続く道を歩き続け、大きな壁に絶望し、それでも石を積み上げ、一歩ずつ階段を登るかのように。はしごをかけて、一歩ずつ登るかのようにして、クリアしていかなくてはならない。

良い話だけ伝えたかった。しかし、これからたくさんの困難を乗り越えていかなくてはならない若いみんなには事実も知っておいてほしい。そんな簡単にはいかないことを。

私は今、戦っています。一歩間違うと全てを失うかもしれない大変なところで。お金、信頼、プライド、もしかすると人生そのものもメチャクチャになってしまうかもしれない。
強烈なプレッシャーがかかる状況にある。

こうして今、2009年3月になろうかという今も私は日本にいる。開幕戦のセブリングは3月20日が決勝日。3月16日からフリー走行が始まる。このまま現地へ直行になってしまうのだろうか。開幕に出場できるかすら心配になってきた。

現在私のマシンはカラーリングに出されていて、チームは10日にはマシンの積み込みを終え、サーキットへ向けて出発する。結局オフシーズンのテストは出来なかった。
西海岸のカリフォルニアから東海岸のフロリダのセブリングまではトラックで走り続けて、5日間かかるという。シート合わせは現地となるだろう。それでもテストが少し出来れば良いが、それもまだ確定ではない。

「出来さんはいつ出発するのか?」最近よく聞かれるが、本当につらい。もちろん出発に向けて全力で取り組んでいる。しかし、開幕戦までに行わなければならない手続き、契約が予想以上にの追加書類申請など多く、その道は険しい。11月28日に日本に帰って以来、可能な限りこのレースの準備に飛び回ってきたが、正直予想以上にいろいろなことが起きる。言葉の違い、文化の違い、遠い距離と時差・・・などだ。「どこまで進んだのか?」との問いには「また一歩前進しました。」と答える。毎日一歩。しかし休まず進むだけだ。ある日、どこからか大きなラッキーが降ってきて・・・などということはない。まず自分自身で努力し、出来るところまでやる。その上でたくさんのみんなに協力してもらい、この企画を加速させるしか方法はない。

とにかく頑張ります。全てが上手く運び、みんなの夢を乗せて、開幕戦のグリットにマシンを並べられるように!



出来 利弘


  スターマツダのホームページ:http://www.starmazda.com/
  
その他「Star Mazda」で検索すると様々な情報が得られます。

« 4月19日筑波ジムカーナ練習会を開催 | トップページ | 2月8日(日)筑波サーキットコース2000のリザルトをアップ »

Star Mazda 参戦物語」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ