« TD革巻きロールバーパッド NA/NB用 | トップページ | Star Mazda参戦への道 17 応援者との出会い、そして明日へ向けて »

2009年2月14日 (土)

2月14日 ABARTH GRANDE PUNTO デビュー&ディーラー OPEN!

P1000142_2 アバルト グランデ プント
1.4 16v TURBO 155 HP

が本日、正式デビューし、販売が開始される。合わせてアバルトディーラーを東京、名古屋、大阪、福岡の4都市で展開するという。

P1000155P1000132_3発売第1号車となるアバルトグランデプントは155psを発揮する199A8型、1400cc直列4気筒DOHC16VALVE TURBOエンジンを搭載し、6速マニュアルを組み合わせる。最高速度は208km/h、0→100km/h加速8.2秒をマークする。SPORT BOOSTボタンを押すことで、パワーブーストモードに切り替わり、最大トルクが10%以上増大する。ブレーキはベンチレーテッドディースクにブレンボ製の4ポッドキャリパーを組み合わせる。車高は15mm低くセッティングされ、スプリングレートは20%レートを高めるなどしている。
このクルマの注目はコンパクトな車体(全長4,060)、車重1240kgだ。さらにアバルト500と比較して、スポーティで割り切りの良いデザインと装備、車両価格¥2,700.000(消費税込)。6MT、ハイパワーターボエンジン、ブレンボといった特別装備。どんな走りを見せてくれるかいまから楽しみだ。
このアバルトグランデプントの2009年、初期導入台数は予定よりかなり少なく、入手が困難となるようだ。フィアットパンダ100HPの時にも雑誌試乗記が出るころには完売となることも予想されるので、気になる人は早めに確認した方がよいだろう。
P1000132_2

アバルト500はもう少し時間がかかるようだが、こちらにも期待したい。

P1000146昨日、13日には、発表前夜祭が行われました。2台のアバルトをイタリアでいち早く試乗したTipo編集長、嶋田智之さんによるトークショーにみんな聞き入っていました。嶋田さんによるとどちらを買っても損はないということ。どちらもキビキビ走り、長距離も得意としながらもグランデプントはより、長距離向けであるとの評価があった。また、「2009年、オレはクルマをより盛り上げいくぞ!」という内容の話にみんな元気をもらったことでしょう。

アバルトは1月22日より、ウェブサイトhttp://www.abarth.jp をオープンした。インフォメーション、伝説の歴史、レーシングサウンドが楽しめる。

アバルトはメンテナンス工場が併設で、フィアット、アルファロメオを販売しないということで、当面はこのアバルト グランデプント、少し遅れて登場のアバルト500のみで展開する。アバルト的なメーカー系チューンドカーに特化したディーラーが新規にオープンすることはなかなかない。2月14日オープンのABARTHショールーム、是非、一度見に行かれてはどうでしょうか。東京は環七と仲原街道が交わっているところだ。

アバルト東京 
東京都大田区南千束1-3-8
03-5754-3728

« TD革巻きロールバーパッド NA/NB用 | トップページ | Star Mazda参戦への道 17 応援者との出会い、そして明日へ向けて »

ABARTH & FIAT(アバルト&フィアット)」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ