« American LE MANS SERIES Round 4 | トップページ | パーティレース第3戦ポールtoウィン・トリプル! 3回目!! »

2008年9月12日 (金)

ロードスター NC マイナーチェンジ 研究

                                Nc2
マツダ株式会社はパリモーターショーにMazda MX-5(ロードスター) マイナーチェンジ(ワールドプレミア) 欧州仕様を出品すると発表した。



http://www.mazda.co.jp/corporate/publicity/release/2008/200809/080904.html

10月2日から10月19日まで開催される2008年パリモーターショーに、次世代都市型コンパクトコンセプトカー「マツダ清(きよら)」を出品する他、「Mazda MX-5(ロードスター)」マイナーチェンジモデルと新開発のディーゼルエンジンMZR-CD2.2を搭載した「Mazda6(アテンザ)」、ディーゼルエンジンMZ-CD1.6を搭載した「Mazda2(デミオ)」も出品。いずれも世界初公開である。

どれも気になるモデル。ディーゼルエンジン搭載モデルは是非、日本にも導入してもらいたい。デミオの3ドアも販売して欲しいとの声もよく聞く。今後のマツダのラインナップは楽しみ。

そして、一番の注目はNC ロードスター(MX-5)のマイナーチェンジ。
ついにその写真も公開され、ネット上でも話題になっているようだ。
写真を見る限り、フロントバンパーとヘッドライト、サイドステップが変更されている。その他、よく見ていくと、ドアミラーの形状、テールレンズ形状が変更になっているようだ。ホイールデザインの変更、サイドウインカーはホワイトレンズである。
フロントデザインは伸びやか低重心に見えるデザインに変更。ノーズ先端が20mmほど伸びたように見える。もし伸びた場合はNCロードスターの全長は3995mm。4m以内をキープするためにリヤバンパーのショート化などはあるのであろうか。実車を確認出来る日が待ち遠しい。最近のマツダのマイナーチェンジの熟成は非常にハイレベルであり、感性を重視したもの。RX-8のマイナーチェン進化が大きかっただけにロードスターもエンジン、シャーシの熟成が楽しみだ。

ところでマツダのホームページにはロードスター物語というページがあるのをご存知でしょうか。開発秘話など載っていて楽しい。これを読み、次のNCの進化を予測してみてはいかがでしょうか。

出来利弘

« American LE MANS SERIES Round 4 | トップページ | パーティレース第3戦ポールtoウィン・トリプル! 3回目!! »

NC マツダロードスター」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ