« パーティレース第2戦ポールtoウイントリプル 再び! | トップページ | 7月27日 パーティレースレポート エンブレム »

2008年7月28日 (月)

7月27日 パーティレースレポート マスターズ


081005_132401 RX-8マスターズクラス
「RX-8 TD-Version」 
51号車 出来 利弘 選手
予選1位、決勝1位を獲得sign01

7月27日に筑波サーキットコース2000マツダファン・サーキット・デイが開催され、その中のパーティレース 第2戦で、ディーテクニックの「RX-8 TD-Version」をドライブする出来 利弘 選手がポールtoウインを飾った。
写真は主催者より、優勝者のみに送られる記念写真で
通称「チャンピオン・パネル」)。

開幕戦、ノースポンサー、ノーセッティングで走ったという出来 利弘選手、そのポールtoウィンの結果が認められたのか、新たなメタリックグラデーションのカラーリングが施された派手なマシンでの出場となった。
_dsc5684_dsc5544 予選はゼッケン51番 出来 利弘選手が1'08.698をマークしてポールポジションを獲得。2位は昨年のシリーズチャンピオン金子 明敏選手が0.06秒差で続いた。3位には小林 暁選手となった。この予選、オフィシャルの連携ミスがあり、本来入っていけない段階で金子選手、小林選手、エイトリアン選手の3台だけがコースイン、タイムアタックを開始してしまった。すぐに中断し、再開となったが、「濡れている状況から路面が乾きはじめていただけに、他の選手がコース状況を確認、タイヤの暖めができなかった」ハンデは大きい。しかし、出来選手のコメントによると「上位で私だけがコースインできなかったが、エンジンがクールな状況のままアタックできた。タイヤは厳しい状況だったが、エンジンの水温が上がっていなかったので、もしかしたら有利だったかもしれない。これもレースの」とのこと。どちらにしてもこれではイコールコンディションの予選と言えない。今後の徹底した運営に期待したい。


Img_1489決勝レースは、金子選手のマシンが好スタートを切り、1コーナーは出来選手とサイドバイサイド、しかし、トップを守りきったゼッケン51番 出来選手が、ゼッケン7番 金子選手を引き離しにかかる。ここから着かず離れずの長い15周レースが始まった。「スイートスポットの極端に狭いセッティングで第2ヘアピンの立ち上がりを重視した」という出来選手はまさに第2ヘアピンからの理想的ラインを正確にトレースしながら、レースを進めていった。この日は信じられないほどの猛暑、オープンのロードスターはまだしもRX-8はエンジン、ミッションの熱に加えて、密閉のクローズドボディ。まさに暑さとの戦いであったともいえるだろう。「暑いのはみんな同じ。忙しい中、オレのマシンも準備した加藤と手伝ってくれたスタッフに優勝を届けたいとの想いだけで走った」という出来選手が、中盤から金子選手を引き離しにかかる。金子選手も意地を見せ、追い上げるがまた離れるという、高度なバトルが続き、レースは終了。出来 利弘選手が2戦連続の優勝を飾った。2位は金子選手、3位は小林選手となった。よろめきながらマシンを降りる3人の選手の姿から、猛暑の中の戦いの厳しさを知ったような気がする。
_dsc5674P1000249
(左からミサキちゃん、出来選手、金子選手)

« パーティレース第2戦ポールtoウイントリプル 再び! | トップページ | 7月27日 パーティレースレポート エンブレム »

DTR」カテゴリの記事

MAZDA RX-8」カテゴリの記事

レース / モータースポーツ 」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ