« 新型 RX-8 TYPE RS 試乗記 研究6 | トップページ | 新型RX-8 タイプRS 研究8 助手席試乗会を開催 »

2008年3月27日 (木)

新型 RX-8 TYPE RS リフトアップ 研究7

Rx8 マイナーチェンジされた
RX-8 TYPE RS をリフトアップ。

オイル交換と同時に下廻りを覗いた。

「おー!スゲー!!
何じゃこりゃー!!!」

Rx8rs_2 こんな良いステンレス製マフラーではなかったような・・・。しかもテールティップも太く格好良くなった。音量も適度で独特のロータリーサウンドは、かなり絶妙で、アフターパーツでマフラーを交換する意味を考えさせられてしまうほどの仕上り。この上質なサウンドには本当に参ってしまう。まっすぐに伸びたコネクティングパイプの創りも量産としては綺麗。角度が異なるため前期には装着できないようだ。さらに奥に進んで行こう。

Rx819
Rx8_5RS専用にチューンされたビルシュタインダンパー&サスキット適度に低い車高のそれは昨年、発売と同時に完売した伝説のRX-8、40周年記念車のそれよりもハードな設定となっている。しかし、改良されたリヤサスペンションのジオメトリーと高剛性ボディのおかげで、非常にスムーズな乗り心地。これはワシマイヤー製の超軽量19インチホイールとブリジストンの自信作POTENZA RE-050Aも寄与している。このリヤサスペンションの味付けがまた絶妙だ。本当にわかっているドライバーでないとこういうセッティングは出来ないのではないだろうか。コーナーの立ち上がりでリヤが適度に沈み込み、FRらしい姿勢でトラクションがかけられる方向にやや煮詰められている。しかしこのホイールのガンメタリックなかなか格好良い。スカイラインGT-RのR32,R34と似た感じだ。

フロントエアロバンパーの下部はラジエターへの冷却性向上のための形状はもちろんその下のアンダーパネルにもエアをスムーズに流す形状を採用。このF-1マシンのようなエアロダイナミクスはとても興味深い。こんな形状した量産車は他にあっただろうか。またこのフロントアンダーに続くオイルパンガードが凄い。フラットで空力が考えてあるのだが、外してみて思わず「おおぉー」と声が出てしまった。
Rx8_3Rx85

このシルバーのアルミの板は強度を計算しつつ、軽量に設計されたアルミの構造物で、とても高いクオリティだ。そしてこれを外したオイルパンは!!ご覧のように下端すれすれまでアルミで製作され、補強のリブが入り、強度を充分に考慮した設計となっている。最後のブラックの部分はスチール製とすることで、強度を持たせている。この無数のボルトと共に格好良い!まるでレーシングカーのようではないか。

Rx8_4Rx87

新型ミッションは細く、精巧に作られていることを物語る佇まい。その横のキャタライザも新しく変更されレスポンスが良い。高品質なものとなっている。車内への熱の影響を気にしてか入念な遮熱対策が施されている。Rx89

エンジンルーム上部にあったオイルエレメントはこのオイルパン横の下部、コンパクトなスペースに移動された。潤滑系として内部の変更があったとは聞いていたが、13B下半分がコレほど違うとは驚き、エンジンも半分は新設計といってよいのではないか。気合が感じられる。しかもこのエレメントと逆の下部を良く見てほしい。メンバーとの間に小さな膨らみがあり、そこにもオイルが入っているようだ。執念の容量確保に言葉が出ない。レーシングカーのような創りだ。Rx810Rx811Rx8_2

Rx89  Rx84 Rx83 Rx82 

アンダーボディをフラット化するためのパネルがいくつも追加されている。しかもガソリンタンクも形状を変更し、フラット化が計られている!!デフケースにはレーシングカー顔負けの冷却フィンが増設され、エアロボードにより、冷却風を導いている。サーキットでの連続走行の強い見方になってくれそうだ。このデフキャリヤ横にはジャッキアップポイントのようなコブも新たに新設され、サイドステップに関係なくリフトがかけれるようになっている模様。フロアは全体のアンダーコートも入念に行われていて、パイプ、配線も整然と並び、全てがデザインされていて美しい。全く持って信じられないクォリティのアンダーフロア。マツダはいったい何を考えているのか。確かに車速を上げるごとに吸い付くように安定するエアロボディだ。Rx81



とにかく強いバルクヘッド廻りとストラット廻りの剛性。ウレタン充填のフロントサスメンバー、このバルクヘッドにも接続する高強度ストラットタワーバーももちろん、ボディの板厚も変更してきているという。このフロント廻りの剛性感は非常に質感の高いステアリングフィールを生み出しており、前期型ととても大きく違うポイントといえるだろう。

ご覧の通り、もしクォリティの高い本格的スポーツカーとしてRX-8を捕らえ、サーキット走行の可能性があるならば、迷うことこのRSを購入することをお勧めしたい。こんなクルマ、新車でこの値段で買えるとは本当に信じられない。考え方によっては100万円高くても価値があるのではないかとすら思えてくる。新型RX-8 RSはかなりいい!

出来利弘

« 新型 RX-8 TYPE RS 試乗記 研究6 | トップページ | 新型RX-8 タイプRS 研究8 助手席試乗会を開催 »

MAZDA RX-8」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ